WiMAXの申込時に口座振替を選ぶと大損するって本当?

契約関係

WiMAXを利用するためには、一般的にクレジットカードでの決済が当たり前とされていますが、中には「銀行口座から引き落としてもらいたい。」という方もいらっしゃるかと思います。

しかし、実際のところ、振替手数料を毎月支払わなければいけない問題や、提供する側から見ても、口座の残金が足りなかった場合に連絡を入れ再度請求しなければいけない手間が掛かることから、 できればクレジットカードで支払いを済ませてもらいたいと考えている会社が多いようです。

今回は、数少ない口座振替対応プロバイダ3社を順番に見ていき、「クレジットカード払いに比べて、一体どれだけの損をしてしまうのか?」ということを調べましたので、そちらを紹介させていただきます。

口座振替に対応しているWiMAXプロバイダ

wimax口座振替2

現在、口座振替に対応している代表的なWiMAXプロバイダはたったの3社のみ。

プロバイダ口座振替対応クレジットカード
BroadWiMAX
UQWiMAX
BIGLOBE

結論から言うと、もし全てのキャンペーンが適用された場合、口座振替・クレジットカード払い共に最も利用料金の安いプロバイダは「Broad WiMAX」でした。ただし、口座振替の場合には、一部のキャンペーンが適用されないため、ある程度の額を余分に支払わなければいけません。また、契約期間がそれぞれのプロバイダによっても違うため、よく考えて選んだ方が良いです。

「Broad WiMAX」で口座振替を選ぶ場合 損失額の例

broad-wimax
口座振替を選んだ場合クレジットカード支払
月額料金1~3か月目:2,999円
4~25か月目:3,753円
26~37か月目:4,413円
1~3か月目:2,999円
4~25か月目:3,753円
26~37か月目:4,413円
初期費用20,743円0円(キャンペーン)
端末代金0円(キャンペーン)0円(キャンペーン)
契約/振替 手数料3300円+毎月200円3300円のみ
損失額20,743円+振替手数料

本来、Broad WiMAXの魅力は、他社では受け取れない可能性のあるキャッシュバック額を、確実に初期費用や端末代金に充てることができる点でした。しかし、口座振替を決済方法に選んでしまうと、このプロバイダを選ぶ最大のメリットが半減してしまいます。

その結果、クレジットカード支払いと比べ初期費用が無駄に20,743円も上乗せされてしまい、さらに毎月、口座振替に関わる手数料まで請求されるようになります。

「UQ WiMAX」で口座振替を選ぶ場合 損失額の例

uq-wimax
口座振替を選んだ場合クレジットカード支払
月額料金1か月目~:4,268円1か月目~:4,268円
初期費用0円0円
端末代金15,000円15,000円
契約/振替 手数料3,300円3,300円
損失額0円

UQ WiMAXは、回線を提供している大元の企業であるためか、口座振替の場合とクレジットカード支払いの場合、いずれもプラスマイナスゼロという料金体系になっています。ただし、Broad WiMAXと比較すると、端末代金が掛かってしまったり、月額の平均支払い額がやや高くなるので注意が必要です。

「BIG LOBE」で口座振替を選ぶ場合 損失額の例

biglobe-wimax
口座振替を選んだ場合クレジットカード支払
月額料金1か月目:0円
2か月目~:4,378円
1か月目:0円
2か月目~:4,378円
初期費用3,300円3,300円
端末代金19,200円19,200円
契約/振替 手数料3,300円+毎月200円3,300円
損失額振替手数料 月200円

BIGLOBEの場合も、UQ WiMAXと同じくキャンペーンによる差異は見られませんでしたが、やはり口座振替ということで、毎月のように手数料が取られてしまいます。

3社の平均月額利用料金+αを比較

wimax口座振替3

それでは、次に「実際に口座振替に対応しているWiMAXプロバイダと契約する場合、どの会社を選ぶべきなのか?」ということを簡単に比較してみましょう。

Broad WiMAXUQ WiMAXBIGLOBE
1か月あたり約3,906円1か月あたり4,268円1か月あたり約4,041円
初期費用20,743円初期費用0円初期費用3,300円
振替手数料200円振替手数料0円振替手数料200円
端末代金0円端末代金15,000円端末代金19,200円
キャッシュバックなしキャッシュバックなしキャッシュバック10,000円
乗り換え割引19,000円
BroadWiMAXUQWiMAXBIGLOBE
契約期間37か月契約期間25か月契約期間13か月
平均支払額 月4,153円平均支払額 月4,868円平均支払額 月5,202円

これらの条件から、乗り換え割引の適用を最大限にした場合、最も毎月の平均支払い料金が安いプロバイダは「Broad WiMAX」という結果になりました。2番目は「UQ WiMAX」です。実際のところ、大した差がないように見えますが、どのプロバイダも、あえて口座振替を選択する必要が無いように感じます。

また、利用者がどれだけの期間WiMAXを利用したいかによっても、どこを選ぶべきなのかということが変わってきます。例えば、ずっと使い続けたい場合は「Broad WiMAX」ですが、一時的に、もし仮に1年間だけ使いたいという場合は「BIG LOBE」もオススメできるでしょう。

上の表の平均支払額に契約期間を掛ければ、自分が総額で大体いくら支払うことになるのかが分かります。ぜひ、参考にしてみてください。ただし、実際の金額とは一部異なる可能性がありますので、あくまでも目安としてお考えください。

まとめ

・口座振替を選ぶとプロバイダの選択肢が大幅に減る
・口座振替を選ぶと最大で数万円ほど損をする
・利用する期間に応じて適切なプロバイダを選ぶべき

WiMAX おすすめの最新キャンペーン情報はこちらから

WiMAXおすすめ5.com

WiMAXおすすめ5.com

WiMAXの愛用家たちが基礎知識や関連情報などをなるべく分かりやすくお伝えしていきます。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. WiMAXは地下鉄でも使える?快適な通信は可能なのか?

  2. ポケットWi-FiとWiMAXの違いとは?失敗しない選び方

  3. 4Gとは?3Gとの違いを解説。5Gに進化するとどう変わる?

  4. なぜWiMAXには審査があるの?通らない理由と落ちた時の話

  5. WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを使用する際の注意点

WiMAX愛用家のライターたち

のぎひ

のぎひ

文章を書くのが好きです。WiMAXはギガ放題プランで2年使用。

佐藤ともこ

佐藤ともこ

WiMAXユーザー歴は半年。事務の仕事をしながらWebライターとしても活動中

さっさー

さっさー

メーカー勤務の社会人です。WiMAXを2年以上使い倒しています。

wpeco

wpeco

海外の現地企業で15年ほど勤務、現在は日本でリモートワーク中。

金さん

金さん

フリーランスのITエンジニア、ライター。日々自宅でWiMAXを使い作業。電波が落ちることがないWiMAXは非常に使い勝手がいいと思っている。

Nimrod

Nimrod

実業家、兼FXトレーダーです。 トレードをしながら記事を書いてます。

うさぎ紳士

うさぎ紳士

フリーランスで日々奮闘中。Wi-Fi利用歴9年になります!WiMAXは今年で3年目突入!

KUMA1

KUMA1

個人事業主としてWEB制作またライターをしています。WiMAXは利用して3年になります。

miho47

miho47

在宅でテレアポとWebライターのお仕事をしている20代後半女性です。

きりちゃん

きりちゃん

ガチャピンをこよなく愛する日本男児です。

maru

maru

コンサルタントとして独立して10年になる自営業のため、ほぼ24時間WIMAX2+を使ってネットにつなげています。

TOP